にきび跡をキレイにする京都のクリニックの選び方、教えます。

サイトマップ
TOP » 京都のニキビ跡レザー治療特集 凸凹を治す!

京都のニキビ跡レーザー治療特集 凸凹を治したい!

こちらではフラクショナルレーザーによるニキビ治療はメソセラピーと併用することで効果が高くなることについて解説し、京都で治療を受けられるクリニックについても紹介します。

フラクショナルレーザーによるにきび治療

最近凹凸状やクレーター状のニキビ跡治療としてフラクショナルレーザーを受ける人が増えています。フラクショナルレーザーは皮膚に点状にレーザーを照射して皮膚組織を破壊し、皮膚の自然治癒力によってコラーゲン再生を活性化させて新しい皮膚に再生させるという治療方法です。

治療部分だけにレーザーを照射するので皮膚全体にダメージを与えることがなく、複数回に分けて照射するので一度に全面に照射するよりもダウンタイムも短いという特徴があります。傷口にガーゼは不要で、翌日からお化粧もできます。
フラクショナルレーザーの機種にはCO2REやフラクセルなど色々ありますが、大きく分けるとノンアブレーティブ(Non Ablative)レーザーとアブレーティブ(Ablative)レーザーとなります。

アブレーティブレーザーはレーザーメスのように皮膚を削って皮膚組織を破壊し自然治癒力によって新しい皮膚にします。代表的な機種はCO2REで皮膚を削るのでダウンタイムも長くなります。

ノンアブレーティブレーザーは皮膚を削らず皮膚組織を破壊し、自然治癒力によって新しい皮膚にします。代表的な機種はフラクセルでアブレーティブレーザーに比べるとダウンタイムが短く肌に優しい治療方法です。

またノンアブレーティブレーザーとアブレーティブレーザーを組み合わせたパールフラクショナルレーザーという機種もあります。

フラクショナルレーザー治療の効果はレーザーの照射出力だけでなく医師の経験や実績、技術力によっても違ってくるので、より高い効果をあげるためにはレーザーの治療経験が豊富なクリニックを選ぶようにしましょう。

メソセラピーとフラクショナルレーザー

メソセラピーとは?

メソセラピーはフランス人医師ピストール氏によって開発された治療法で、メソは中胚葉(Mesoderm)層、セラピーは治療を意味し、 治療目的に応じ注射器等を用いて様々な薬液を皮下に注入して種々の治療効果を得るという治療方法です。メスを使って切ることがなく痛みが少ないので世界19か国で認められています。

メソセラピーは脂肪やセルライトを溶解する治療方法として良く知られていますが、ニキビ治療、シワやタルミの改善、傷跡や妊娠線の改善、薄毛治療としても行われています。

メソセラピーは治療部位にピンポイントで打たなければ効果がないので、その効果は医師の技術に大きく左右されます。フラクショナルレーザーと同様、経験と実績が豊富な医師ほど高い効果を得ることができます。

メソセラピーをフラクショナルレーザーと併用

フラクショナルレーザーのうちでも皮膚を削らないノンアブレーティブレーザーという痛みやダウンタイムの少ない治療をメソセラピーと併用することで、よりダウンタイムが短くなり肌の赤味やひりつきが軽減します。また冷却しながらグリシルグリシン、ビタミンC、上皮細胞成長因子などを導入することで、さらに赤みや腫れが少なくなり肌の再生も促進されます。

治療後11時間以内にメソセラピーを導入すると通常の100倍の効果が得られるといわれています。

京都で施術を受けるならどこがいい?

京都でフラクショナルレーザー(ノンアブレーティブレーザーのタイプの方)とメソセラピーを併用しているクリニッでおすすめしたいのは岡田佳子医院です。

ニキビやニキビ跡治療に力を入れている岡田佳子医院では、有効な治療や技術をいち早くとりいれ、ニキビのことなら何でも相談でき、治療メニューが多いのでどんなニキビでも治してもらえると評判のクリニックです。

最近施術を受ける人が増えているフラクショナルレーザーもメソセラピーと併用して、大きな治療効果をあげています。

岡田佳子医院のフラクショナルレーザー治療

フラクショナルレーザーはニキビ、ニキビ跡、ニキビ跡凹凸の他にしわ、毛穴引き締め、傷跡などに効果があり、特にニキビ跡凹凸に効果的で男性の来院も多いそうです。

治療期間は1~2ヶ月に1回を3回程度、傷跡やニキビ跡には5回程度くらい必要です。

気になる費用は1ヶ所21,600円、2ヶ所27,000円、3ヶ所32,400円、4ヶ所以上37,800円(麻酔クリーム代込み)となっています。

またクリニックではフラクショナルレーザー治療11時間以内に導入すると通常の100倍の効果のあるメソセラピーをフラクショナルレーザー後に必ず行っています。フラクショナルレーザーの後には氷で20分間冷却する必要がありますが、このメソセラピーは冷却しながら同時に導入することが可能です。

メソセラピーの費用は

1~2ヶ所…ビタミンC+3,240円、上皮細胞成長因子+10,800円、3~4ヶ所…ビタミンC+3,240円、上皮細胞成長因子+7,560円、美容カクテル+27,000円(へっこみのひどい人用)となっています。

こちらの治療は妊婦、膠原病・糖尿病・血液の疾患のある方、顔に皮膚癌がある方、麻酔が未経験の方、麻酔で気分が悪くなる方、ケロイド体質の方、2週間以内にピーリングや他のレーザー治療を受けた方は受けることができません。

また、抗凝血剤・金製剤、光に感受性を強める抗生物質、アキュテイン・セントジョーンズワート、EXミノマイシン、ピルを服用中の方も治療を受けることができません。ピルを服用している方はオフの日に施術を受けるようにしてください。

メイクは翌日から可能ですが皮膚の赤みが2,3日残るので翌日が休日の日に施術を受けるようにし、施術後は日焼け止めクリームを塗って保湿と紫外線予防を心がけてください。

上記の岡田佳子医院をはじめとする京都のおすすめクリニック5選はこちら