にきび跡をキレイにする京都のクリニックの選び方、教えます。

サイトマップ
TOP » にきび跡の種類

にきび跡の種類

このカテゴリーでは、大きく分けて2種類のニキビ跡(クレーター、色素沈着)について、そのニキビ跡ができてしまうメカニズムや予防法・治療法などをまとめています。

にきび跡の代表的な種類とは?

ニキビ跡の状態と原因を紹介していきますので、ご自身のニキビ跡はどのタイプかチェックしてみてくださいね。

ケロイド

ニキビ跡のケロイドとは、あまりひんぱんに起こるケースではなく、体質に左右されることが多いようです。

傷跡が赤く盛り上がって残るもので、ニキビの場合あごの辺りにできます。ステロイドやレーザーが治療で使用されます。

ニキビ跡のケロイドと治療法について詳しく見る

クレーター全般

ニキビの炎症がおさまった後、肌に残ってしまう凸凹のこと。炎症や化膿によって、肌奥深くの真皮の細胞までダメージを受けてしまうことが原因です。レーザーやフォトフェイシャル、ピーリングが治療で使用されます。

ニキビ跡のクレーター全般についての治療法を詳しく見る

クレーターの種類

クレーターの種類によっても治療内容が異なってきます。アイスピックタイプ、毛穴拡大タイプ、ローリングタイプ、ボックスタイプ等あり、適切な治療方法を選ぶことが大切です。

ニキビ跡のクレーターの種類とそれらの治療法について詳しく見る

色素沈着

ニキビがあった部分に、赤紫や茶色の色素が残ってしまっている状態。赤や赤紫のニキビ跡は毛細血管のヘモグロビン、茶色のニキビ跡はメラニンが原因です。レーザーやフォトフェイシャル、ピーリング、ビタミンC誘導体導入などが治療で使用されます。

ニキビ跡の色素沈着と治療法について詳しく見る

赤いニキビ跡

ニキビの凹凸は治っているのに、赤みだけが残っているという状態になることがあります。赤いニキビ跡が出来てしまう原因は、毛細血管が増えることによるものだといわれています。レーザーやピーリング、ビタミンC誘導体導入などが治療で使用されます。

赤いニキビ跡と治療法について詳しく見る

にきび跡の種類に合わせた治療法

ニキビ跡の治療は、その原因や肌の状態に合わせて適切な方法を選ぶことが大切です。真皮がダメージを受けてしまっているクレーターには、肌細胞を活性化させたり、肌表面の凸凹を削るレーザー治療、また肌の生まれ変わりを助けるピーリングなどが適しています。また、ニキビ跡の赤みやシミには、フォトフェイシャルやピーリング、ビタミンC誘導体のイオン導入などが良いでしょう。ご自分の肌の状態に合った治療法を、先生と相談しながら決めてくださいね。