クレーター

にきび跡をキレイにする京都のクリニックの選び方、教えます。

このページでは、凸凹状のクレーターが残ってしまったニキビ跡について、その原因や対処法などを紹介しています。

ニキビ跡にクレーターができる原因とメカニズム

ニキビ跡のクレーターとは、ニキビの腫れが治まった後、肌に残ってしまう凸凹のことです。ニキビの炎症や化膿がひどくなると、ダメージは肌の奥深くの真皮にまで到達してしまいます。それが原因となって、ニキビがあった部分が陥没したり、盛り上がったりしてしまうのです。

再生能力の高い角質層と違い、真皮はダメージから回復しにくいため、ニキビ跡のクレーターが、肌に一生残ってしまう場合もあります。

クレーターを予防するには

1度できてしまうと自然回復は難しく、メイクでもカバーしきれないニキビ跡のクレーター。まずはこれ以上増やさないための予防策を考えることが大事です。

そのためには、ニキビが悪化しないように初期段階できちんとケアすることが大切です。皮膚科の先生に相談して飲み薬や塗り薬を処方してもらったり、ニキビケアの基礎化粧品を使ったりすると良いと思います。

白ニキビや黒ニキビが、炎症の悪化によって赤ニキビになる前に対処するのがポイントですよ。

美容クリニックでの治療法

ニキビ跡のクレーターを治療する方法としては、以下のようなものがあります。

  • レーザー…肌細胞を活性化してコラーゲン生成を促進したり、肌表面を削って滑らかにできます
  • フォトフェイシャル…肌細胞を活性化してコラーゲン生成を促進し、真皮組織の再生を助けます
  • ピーリング…古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを助けます

凸凹状になったニキビ跡には、レーザーを用いた治療が有効です。レーザーにはさまざまな種類の機器があるので、肌の状態などによって使い分けられます。

また、新たなニキビ発生やクレーター予防には、ダウンタイムのないフォトフェイシャルや、手軽に受けられるピーリングといった治療法もおすすめです。

にきび跡を治療する京都のクリニック徹底ガイド