色素沈着

にきび跡をキレイにする京都のクリニックの選び方、教えます。

このページでは、シミのように色素沈着してしまったニキビ跡について、その原因や対処法などを紹介しています。

ニキビ跡に色素沈着がおこる原因とメカニズム

ニキビ跡の色素沈着とは、炎症や化膿が治った後、その部分に赤紫色や茶色の色素が残ってしまう状態のことです。色素沈着が起こる原因やメカニズムは、ニキビ跡の色によって違います。

赤紫色のニキビ跡はヘモグロビンが原因で、炎症によってダメージを受けた血管がにじんでいるような感じです。茶色いニキビ跡はメラニンが原因で、炎症から肌を守るためにメラニンが多く作られることで、シミのような色素沈着が起こってしまいます。

ニキビ跡の色素沈着を薄くするには

肌が健康な状態であれば、ニキビ跡の色素沈着は、ターンオーバーによって徐々に薄く、目立たなくなるはずです。でも実際には、なかなか消えない色素沈着もあります。原因として、肌のターンオーバーが正常に行われていなかったり、ニキビが治った後もメラニンが生成され続けていることが、考えられます。

ニキビ跡の色素沈着を改善するには、ビタミンC誘導体が有効です。ビタミンC誘導体には、肌の炎症を鎮め、メラニンの生成を抑え、ターンオーバーを正常化する働きがあります。毎日のスキンケアには、ビタミンC誘導体配合の美容液が取り入れやすくておすすめですよ。

美容クリニックでの治療法

ニキビ跡の色素沈着を治療する方法としては、次のようなものがあります。

  • フォトフェイシャル…ニキビ跡の赤みやメラニン生成を抑えます
  • ピーリング…古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを助けます
  • ビタミンC誘導体導入…肌の炎症を鎮め、メラニン生成を抑制します
  • レーザー…肌細胞を活性化させ、ニキビ跡の赤みを改善します

フォトフェイシャルやピーリングに、ビタミンC誘導体導入を組み合わせた治療もおすすめです。また、ニキビの発生や色素沈着を予防・改善する飲み薬や、塗り薬などもあります。まずはクリニックの先生と相談して、ご自分に合った治療法を見つけてください。

にきび跡を治療する京都のクリニック徹底ガイド