ニキビ跡を残さないためのスキンケア

ニキビ跡をつくらないためのケア方法を紹介しています。

にきび跡ケアのための洗顔方法

にきび跡を残さないためのケアとして、もっとも大切なことは、「にきびを潰さない」ということです。単純なことですが、これをやってしまう人が非常に多いのです。

にきびを潰してしまうと、黒く跡が残ってしまいます。潰すよりもスキンケアをきちんとして、自然と消えていくよう促しましょう。

そのうえで、にきび跡をつくらないために、下記のような手順で正しく洗顔することも重要になります。

【ニキビケアのための洗顔手順】
1.ヘアーバンドで髪をまとめる
2.ぬるま湯(30℃くらい)で優しく洗う
3.アルカリ性の洗顔料をよく泡立てる
4.泡をお肌にのせるようにして、顔全体に指で均等に広げる(20秒くらい)
→このとき、お肌を直接指でこすってはダメです!
5.十分にすすぐ
→こすらないように、水をかけるようにして洗い流します
6.タオルで顔を押すようにして優しく水分を取る

ストレスのない生活を

ストレスはお肌にダメージを与えます。自分ではストレスを感じていなくても、不規則な生活はお肌にとってストレスです。これがにきび跡の原因になってしまいます。

■夜更かし
夜遅くまで起きていると、皮脂分泌が増えてしまいます。言うまでもなく、過剰な皮脂分泌はにきびを悪化させ、にきび跡をつくりやすくさせます。また、夜更かしは睡眠不足へとつながります。お肌が回復するのは眠っている間です。きちんとした睡眠がとれないと、それだけにきび跡ができやすくなります。

■偏った食生活
油分や糖分の多い食事は控えます。夜食を控えることも大切です。お肌は内臓が活動を停止している夜の間に回復します。夜に食べ物を食べてしまうと、消化にエネルギーをとられて、お肌が回復できません。

■悩んでしまう
「にきびがなかなか治らない」と思ってしまうと、それがストレスとなり、にきびを悪化させてしまいます。気になる気持ちは分かりますが、なるべく他のことに注意を向けるようにしましょう。

正しい洗顔で過剰な皮脂を洗い流しつつ、正しい生活習慣でにきび跡をつくらないケアを続けましょう。

にきび跡を治療する京都のクリニック徹底ガイド