にきび跡をキレイにする京都のクリニックの選び方、教えます。

サイトマップ
TOP » にきび跡治療の基礎知識 » にきび跡治療のダウンタイム

にきび跡治療のダウンタイム

このページでは、各種にきび跡治療のダウンタイムについて解説し、ダウンタイムが短いレーザー治療についても紹介します。

ニキビ跡の治療別ダウンタイム

治療をしてから日常生活ができる通常の状態に回復するまでの期間のことをダウンタイムといいますが、ニキビ治療によってダウンタイムが異なります。軽い気持ちで週末に治療を受けてしまい翌週の大事なイベントに出られなくなってしまったということのないよう、ニキビ跡治療をする場合は、きちんと計画をたてて受けるようにしましょう。

以下に治療別ダウンタイムについてご紹介しますので、参考にしてください。

フォトフェイシャル

光を照射してニキビ跡の赤みを破壊する治療法で肌へのダメージはほとんどありませんが、治療の数日後、肌のターンオーバー時に破壊された色素がカサブタとなって表皮に現れます。

フラクセル、モザイク

フラクショナルレーザーのうちでも皮膚を削らないノンアブレーティブレーザーです。皮膚を削るアブレーティブレーザーと比べダウンタイムが短いです。

肌深部まで特殊レーザーを照射して古い皮膚を新しい皮膚にする治療法で一般のレーザー治療よりもダウンタイムが短いです。照射の方法によってニキビ跡だけでなく、シミ、しわ、くすみなどの肌トラブルを改善する効果があります。表皮に傷はつきませんが肌の深部を治療するので1週間くらい肌に赤みがあることがあります。メイクでほとんど目立たなくなるくらいなのであまり気になりません。

赤みのなくなる頃にレーザーで破壊された組織が表皮まで上がってきてカサブタになり、ダウンタイムは約1週間です。

ピーリング

ピーリング剤を肌に塗布して古い角質を取り除き、肌の新陳代謝を活性化させてターンオーバーを促す治療法で、ほとんどダウンタイムはありません。やや皮膚が赤くなる場合もありますが数時間で元に戻ります。

レーザー治療はダウンタイムが長いの?

レーザー治療はダウンタイムが長いから気軽に施術を受けることができないと思っている方も多いのですが、レーザー治療にも色々な種類があり、痛みが少なくダウンタイムが短い治療方法もあります。

クールタッチレーザー

YAGレーザーの一種でレーザー照射と同時に-30℃の冷却ガスを噴射するため肌にダメージを与えることなく治療することができます。基本的にダウンタイムがない治療法で施術当日からのメイクが可能ですが、まれにメイクでかくせるくらいのカサブタができることがあります。

ジェネシス(ロングパルスYAGレーザー)

長波長(1064nm)のロングパルスYAGレーザーを肌に直接当てず1~2cm離れたところから照射して肌へのダメージを抑えます。肌の深部までレーザーを届けて穏やかに治療するので3回以上の照射が必要ですが痛みがほとんどなくダウンタイムもありません。

Vビームレーザー

波長595nmのレーザー光で赤色に吸収される性質があり血液のヘモグロビンに反応して吸収されるので、ニキビ跡の赤未治療や赤ら顔治療に効果があります。メイクは当日より可能でダウンタイムはほとんどありませんが、まれに内出血がある場合があり、その場合のダウンタイムは1週間程度になります。