にきび跡をキレイにする京都のクリニックの選び方、教えます。

サイトマップ
TOP » 皮膚科で出来るニキビ跡治療法 » フラクセル

フラクセル

このページでは、フラクセルによるにきび・にきび跡治療について、特徴や効果を紹介しています。

話題のにきび跡治療、フラクセルとは?

古い肌を新しい肌に入れ替える」というコンセプトの美肌治療「フラクセル」。アメリカの名門大学、ハーバード大学で開発された方法だそうです。その効果の高さから、今、美容業界でも大きな注目を集めています。

フラクセルでは、特殊なレーザー機器を使用します。このレーザー機器を使って、肉眼では見えないサイズ(直径0.1mmほど)のレーザーを、1cm四方に1000~2000発、点状に照射。皮膚の細胞の中に、ダメージを受けた細胞を混ぜることにより、「再表皮化」という現象がおき、新しい皮膚に生まれ変わります。

これを5回ほど繰り返すことで、だんだんと新しい皮膚に変わり、最終的にニキビ跡や、さまざまな肌トラブルを解消できるという仕組みです。

フラクセルのメリット、デメリットは?

フラクセルのメリット

  • ダウンタイムがレーザーなどと比べ、比較的短い
  • にきび跡だけでなく、肌全体が綺麗になる
  • 肌のコラーゲン量がアップする

フラクセルのデメリット

  • 施術が少し痛む
  • 皮膚に穴をあけるので、治療後は日焼けのように肌が赤くなったり、ヒリヒリとした痛みがある。出血を伴う場合もある
  • カサブタになる
  • 色素沈着(軽度)

以上がフラクセルのメリット・デメリットです。アトピーやヘルペスがある場合は治療できないそうなので、その都度担当医に確認してください。にきび跡で悩んでいた方には画期的な治療法だと思うので、是非ためしてみてください。

また、フラクセルでも効果がない場合、従来のフラクセルよりも強力な「フラクショナル・レーザー」という機器での施術法もあります。もし乗り換えることになった場合には、フラクセルにかけた料金が無駄になってしまうので、最初からフラクショナル・レーザーを選ぶのもいいかもしれませんね。

フラクセルとフラクショナルレーザーによる治療方法

フラクセルレーザーとフラクショナルレーザーの違いは「照射スポットのサイズ」と「レーザーが到達する深度」です。フラクセルとフラクショナルの波長は一般に美容外科で使われるレーザーの一定の色に反応するという性質とは異なり、水分を含むものに反応する性質を持っています。皮膚の組織は水分を含んでいるため、この波長に反応します。

フラクショナルレーザーでは直径80~300μm、最高深度2.5mm、照射間隔0.2~0.3mmで皮膚に穴を開けるように照射します。深度が1mm未満のフラクセルよりも深度が深くスポットサイズも大きくなります。

京都でフラクセルとフラクショナルレーザー治療が受けられるクリニック

古い皮膚が新しい皮膚に入れ替わるフラクセルレーザーとフラクショナルレーザーは、これまで治りにくかった凹凸の大きなニキビ跡も驚くほどキレイになる治療方法です。まだ導入しているクリニックはそんなに多くありませんが、次の3院は京都でフラクセルレーザーやフラクショナルレーザー治療が受けられるクリニックです。

岡田佳子医院

・フラクショナルレーザー…1ヶ所21,600円、2ヶ所27,000円、3ヶ所32,400円、4ヶ所以上37,800円(麻酔クリーム代込み)

大西皮フ科形成外科医院

・フラクショナルレーザー…32,400円(両頬)、10,800円(鼻)

烏丸姉小路クリニック

・フラクセルⅡ … 顔全体 86,400円
・フラクセルⅡ…10,800円(15cm2)

古くなった皮膚を新しい皮膚にすることでニキビ治療ができる、今注目のフラクセルとフラクショナルレーザー治療。当サイトのトップページでは、フラクセル、フラクショナルレーザー治療ができる京都のおすすめのクリニックを紹介しています。

フラクセル、フラクショナルレーザー治療ができる京都のおすすめクリニックを見る