光治療

レーザーとは違う光治療とはどんなもの?このページでは、ニキビ治療法の1つ、「光治療」について解説します。

ニキビの光治療とは?

光治療とは、皮膚を吸引しながら光線を照射してアクネ菌の殺菌を行う施術です。この光線はアクネ菌だけを選択して殺菌するので、長期間ニキビを防止する効果が期待できます。

1回の施術時間はおよそ30分ほどで、痛みや熱さ、ヒリヒリ感などはほとんどなく、副作用もありません。治療後すぐにお化粧をして帰宅できるそうです。

週1、2回施術し、合計10回くらいを1クールとするのが一般的な治療期間の目安です。さらに、光治療とピーリングを併用することで、ニキビ跡も改善されるそうです。

光治療は、通常の保険診療ではなかなか改善しないニキビ、薬が苦手、薬が効きにくい、早く治したいという人に適したニキビ治療法です。

光治療のメリット、デメリットは?

光治療によるにきび・にきび跡治療のメリットとデメリットをまとめてみました。他の治療法との比較の際に、ぜひ参考にしてみてくださいね。

≪光治療のメリット≫

  • 痛み、熱さ、ひりひり感がほとんどない
  • 副作用がない
  • なかなか治らない重度のニキビに効果的
  • 治療後すぐにお化粧ができる
  • 一度施術すると長期間ニキビ防止効果が持続する
  • 短期間でニキビ治療が可能
  • 治療中はただ横になっているだけ
  • 暖かい光で心も癒される

≪光治療のデメリット≫

  • 保険治療ではなく自費治療
  • およそ10回の治療を受けなければならない
にきび跡を治療する京都のクリニック徹底ガイド