レーザー

にきび跡をキレイにする京都のクリニックの選び方、教えます。

このページでは、レーザーによるにきび跡治療について、メリット・デメリットや効果などを紹介しています。

にきび跡の凸凹はレーザー治療でなおす

レーザー治療は、ターゲットにピンポイントで光線を当てて、肌トラブルを解消する治療法です。光による施術という点ではフォトフェイシャルと共通していますが、光の性質や波長が違います。またレーザーは、治療したい部分や肌の状態によって、機器を使い分けるのも特徴です。

レーザー治療はにきび跡のクレーター解消に効果的で、凸凹状の肌表面を削って滑らかにすることができます。「削る」といっても、メスは使わないし、傷も残らないので安心ですよ。また肌細胞を活性化して、真皮のコラーゲンやエラスチン生成を促進することによって、真皮までダメージを受けてしまった組織の再生を助ける機器もあります。

レーザーは痛みがあるイメージですが、新機種の「モザイク(フラクショナルレーザー)」などには痛みやダウンタイムがありません。古い角質をターンオーバーさせて新しい肌に入れ替える作用が期待できるので、毛穴の開きやにきび跡の改善に効果的です。

レーザー治療のメリット・デメリットは?

レーザーによるにきび跡治療のメリットとデメリットをそれぞれまとめてみました。フォトフェイシャルとの違いも紹介していますので、よろしければ参考にしてくださいね。

≪レーザー治療のメリット≫

  • たった1回の施術で、劇的な効果を実感しやすい
  • 1回で治療が完了するので、フォトフェイシャルよりも費用が安く済む
  • ピンポイントの治療に適している
  • 施術時間が短い

≪レーザー治療のデメリット≫

  • 機器によって違うが、多少のダウンタイムがある
  • フォトフェイシャルよりも痛みがある

レーザーは、たった1回の施術でにきび跡を治療できるのが特徴です。機器によって多少の痛みやダウンタイムはありますが、にきび跡のクレーターなどをピンポイントで治療したい方には特におすすめですよ。

にきび跡を治療する京都のクリニック徹底ガイド